落葉しつつもシュートやサッカーを伸ばしかけたラズベリー 赤実(A)(B)と黄実(A)

初冬のラズベリーたちの様子を紹介する。まずは、育て始めて1年半になるラズベリー 赤実(A)である。

ラズベリー 赤実(A)

ラズベリー 赤実(A)

コイツは去年の秋果と今年の夏果を付けた。香りは素晴らしかったが、甘みが少なく酸っぱかった。ただ、他の方の栽培記を見ていると、最初は酸っぱかったが、成長するにつれて甘くなったという報告もある。そういう意味では将来が楽しみな品種だ。

ラズベリー 赤実(A)

ラズベリー 赤実(A)の株元

秋にシュートやサッカーを伸ばしかけたようで、地際に新葉がある。

ラズベリー 赤実(A)

ラズベリー 赤実(A)の新芽

新芽が出ているが、枯れているようにしか見えない。『生きてるぜ!!』という芽を出してくれればいいのになぁ。冬のたびに心配になるのがラズベリーである。

株分けされたラズベリー 赤実(B)

続いてはラズベリー 赤実(B)である。コイツは赤実(A)から7月11日に株分けされたものだ。

ラズベリー 赤実(B)

ラズベリー 赤実(B)

株分けによって樹姿のバランスが悪くなっている。落葉していることもあり、知らない人が見たら枯れ草にしか見えないだろう。

ラズベリー 赤実(B)

ラズベリー 赤実(B)の新芽

こちらも来年の芽が準備できている。

まだまだ小さいラズベリー 黄実(A)

6月20日に仲間入りしたラズベリー 黄実(A)である。

ラズベリー 黄実(A)

ラズベリー 黄実(A)

ラベルには “イエローラズベリー” とだけ書かれていて品種まではわからない。

ラズベリー 黄実(A)

ラズベリー 黄実(A)の株元

赤実に比べると少し弱そうな印象がある。まあ、1年目なのでまだ判断はできないが。

ラズベリー 黄実(A)

ラズベリー 黄実(A)の新芽

新芽も小さい。来年大きく成長してくれることを祈ろう。