すっかり落葉したモモ 白鳳

植え付けてから約1年8ヶ月が過ぎたモモ 白鳳である。

モモ 白鳳

モモ 白鳳

今年は初めての花を楽しませてくれたが、梅雨後は調子が悪かった。枝先からはヤニ状の液が出て、葉にあちこち穴が空いたのだ。虫に食われて葉に穴が空いたというよりは、自分自身で内部から葉を破壊しているように感じた。そこで鉢減らしすることになり、今はスリット鉢の10号鉢に植えられている。

見ての通り枝が不格好である。やや右に傾いて伸びているのが元々の棒苗の幹である。その幹から右に細い枝が、左側には随分と太い枝が出ている。左側の太い枝からはさらにいくつもの枝が分岐している。どうみても左右の釣り合いが取れていない。そのため、左側の枝ができるたけ垂直になるように植え付けた。

モモ 白鳳

モモ 白鳳の蕾

来年の芽がもうこんなに大きくなっている。他の果樹や庭木とくらべてもダントツで大きいかもしれない。