パッションフルーツ エドゥリス黄実の根洗いと植え替え

以前からやりたかったパッションフルーツ エドゥリス黄実の根洗いと植え替えを行う。

パッションフルーツ エドゥリス黄実

パッションフルーツ エドゥリス黄実

パッションフルーツ エドゥリス黄実は、2014年の10月28日にホームセンターで30円で売られていたのを見かけ、思わず買ってしまったもの。

10月末ということでそれなりに寒かったため、根洗いすると枯れるかもしれないと思い、根鉢をちょっと引っ掻いただけで植え付けた。

しかし、苗の土が良くなかったようで、室内越冬中は水やりのたびに鉢底から茶色い水が流れ出た。

翌2015年も植え替えはせずにそのまま育てたのだが、鉢底からの茶色い水は止まらなかった。

コイツは、未だ花を付けていない。そこで、思い切って梅雨前の今日、根洗いして植え替えることにした。

まずは、つるをほどいてみる。

パッションフルーツ エドゥリス黄実のつるをほどく

パッションフルーツ エドゥリス黄実のつるをほどく

リング支柱を外し、つるをほどくと3m はありそうだ。

続いて、根鉢を確認してみよう。

パッションフルーツ エドゥリス黄実の根鉢

パッションフルーツ エドゥリス黄実の根鉢

予想と違っていて、根鉢は十分に根を張っていた。

なお、周囲の土は植え付けの時に足した市販の培養土だ。

茶色い水を出すのは中心部に残っている苗の時の用土だと思う。

パッションフルーツ エドゥリス黄実の根

パッションフルーツ エドゥリス黄実の根

土を洗い流すと、しっかりした量の根が出てきた。

茶色い根もあるが、白い根も多い。

植え替えられたパッションフルーツ エドゥリス黄実

植え替えられたパッションフルーツ エドゥリス黄実

新しい用土に植え付けた。新しい用土といっても、再生材と軽石(小粒)、パーライト、腐葉土を足した土だが。

また、スリット鉢の7号鉢から、同じくスリット鉢の8号鉢へ鉢増ししている。