パッションフルーツの挿し木

もうすぐ梅雨入りしそうなので、パッションフルーツの挿し木をすることにした。4品種を育てているので、それぞれ5鉢で計20鉢の苗を作る。

パッションフルーツの挿し木用の枝を採取

パッションフルーツの挿し木用の枝を採取

今年伸びた柔らかい部分ではなく、去年伸びたちょっと硬くなっている枝を切る。

そのほうが成功率が高いとか。

パッションフルーツの挿し木用の枝を準備

パッションフルーツの挿し木用の枝を準備

2節に切り分け、下の葉やヒゲは切り取る。

さらに上の葉を3部の1ほどに切ったら挿し木用の枝の完成である。

パッションフルーツの挿し木用の枝を水揚げ

パッションフルーツの挿し木用の枝を水揚げ

準備した枝を、30分から1時間ほど水揚げする。

直射日光の当たる場所には置かないように。

パッションフルーツの挿し木苗に水やり

パッションフルーツの挿し木苗に水やり

赤玉土の用土に挿し、水をやって作業完了。

ナメクジの被害を減らすため、逆さにした鉢の上に置いた。

もちろん、直射日光の当たらない半日陰の場所で管理する。