自作フェンス前に移動したモッコウバラ 黄八重(A)と黄八重(B)

去年の4月24日から育てているモッコウバラ 黄八重(A)がようやくフェンス前に移動した。ただし、支柱を組み合わせた自作の柵であるが。

モッコウバラ 黄八重(A)

モッコウバラ 黄八重(A)

噂通りにモッコウバラはどんどんと大きくなっている。

自作の柵を設置した場所にはもともと柘植(つげ)が植わっていた。家を建てた時に植えられたものだが、なぜか家の方に向かってに斜めに幹を成長させたため邪魔でしょうがなかった。で、つい最近切り倒したのだが、おかげでお隣さんとの目隠しが無くなってしまった。

そこで、モッコウバラの登場である。あと2 ~ 3年もすればお隣さんとの目隠しとして十分役に立つだろう。

黄八重(B)も自作フェンス前に移動だ

挿し木から育てている黄八重(B)も玄関横の小庭の自作フェンス前に移動した。

モッコウバラ 黄八重(B)

モッコウバラ 黄八重(B)

この場所はちゃんと成長するか心配な場所である。写真は南側に向かって撮影している。つまり、後ろの壁は南側の壁である。さらに東側(向かって左側)には50cmほどのところに家の壁がある。つまり、真夏以外は西日しか当たらない場所だ。