庭に出されたイエローストロベリーグアバのその後

5日前に庭に出されたイエローストロベリーグアバのその後の経過をお伝えする。結論だけ先に書くと、庭に出すのは少し早すぎたようだ。

イエローストロベリーグアバ

イエローストロベリーグアバ

コイツは去年の11月1日から室内に入れていたのだが、暖かくなって来たので5日前の3月6日に庭に出した。しかし、それが失敗だったようで、葉がたくさん落ちてしまった。なお、寒さで落葉したのか強風で落葉したのかはわからない。

下は5日前の写真である。

イエローストロベリーグアバ

5日前のイエローストロベリーグアバ

比べると葉が随分少なくなっているのがわかる。

現在のイエローストロベリーグアバの状況をアップで見てみよう。

イエローストロベリーグアバ

イエローストロベリーグアバの葉のアップ

このように葉が根元から落ちている。

イエローストロベリーグアバは耐寒性が高く、当地、九州の標高200mの場所であれば庭で越冬できるらしい。今回、葉が落ちたのは温かい室内から寒い外に急に出したからだろうか。

室内越冬させたんだから、無理をさせずに4月から室外に出すべきだったかな。

コメント

  1. まっこ より:

    はじめまして。
    我が家にも同じ種類と思われるグァバの木があります。
    名古屋ですが、庭に地植えでも越冬は全然平気でして
    地植えで今年4年目になりますが実もなる様になりました。
    現在膝位の高さまで大きくなりました。
    最初の年だけ冬に葉っぱが全部落ちてしまい
    「やっぱり枯れたかな?」と思い放置しておいたのですが
    春になったら新芽が出てきました。
    それ以降、雪が降るぐらいの寒さになっても葉っぱが落ちないです。
    案外寒さには強いなぁって感じました。

    • potculture@eksd.jp より:

      はじめまして。

      貴重な情報ありがとうございます。グアバを育てるのは初めてなので、とても参考になります。

      我が家のグアバも5月になってから新芽が出てきました。なんとか、たくさんの葉を茂らせてくれそうです。

      まっこさんのところでは、最初の年だけ落葉したとのことですが、株が大きくなると強くなるのかもしれませんね。

      我が家では、パッションフルーツを室内越冬させるので、グアバが1株増えても手間は変わらないんです。だから、実が付くようになるまでは室内越冬させ、その後はまっこさんのように庭で越冬させてみようかと思います。