イエローストロベリーグアバを庭に出してみる

去年の11月1日から室内越冬していたイエローストロベリーグアバを庭へ出すことにする。

イエローストロベリーグアバ

イエローストロベリーグアバ

室内で越冬しただけあって葉はキレイである。購入時は支柱と同じぐらいの高さだったから30cmほど成長している。なお、ラベルには品種が書かれていない。葉にツヤがあることと、ラベルに掲載されている果実の写真が黄色いことからイエローストロベリーグアバだと判断した。

イエローストロベリーグアバ

イエローストロベリーグアバの葉のアップ

葉が赤いのは新芽だからだろうか。

4月に庭に出す予定だったが早めに出すことに

コイツは12月1日から3月31日まで、つまり5ヶ月間を室内越冬する予定だった。この期間にしたのは当地の平均最低気温から計算した結果だ。ちなみに、イエローストロベリーグアバの耐寒温度が7℃だとして計算した。

※当地の11月31日の平均最低気温は7℃、3月31日の平均最低気温も7℃である

ところが、実際には11月1日に室内へ入れることになった。グアバより越冬温度の低いパッションフルーツが室内に入るからだ。グアバが増えても手間は変わらない。だから、パッションフルーツとともに11月1日に室内に入ったのだ。

庭に出る予定が早まったのは、今の温度に耐えられるだろうという目論見からである。ネットでイエローストロベリーグアバの越冬温度を調べてみると、色々なことが書かれておりハッキリしない。耐寒温度0℃と書いているサイトもあれば、7℃となっているところもある。中には10℃となっているサイトもあった。なので、予定よりも早いが今日庭に出すことにしたのだ。なお、本日3月6日の平均最低気温は4℃である。

室内越冬していた環境について

2階の南側の部屋の窓の側に置いていた。人は生活しておらず無加温である。また、ガラスも昭和の香りのする “模様ガラス” であるため強い光が直接当たることはない。

当地は1月中旬から2月中旬までが最も寒く平均最低気温は2℃である。

イエローストロベリーグアバを外に出した結果