挿し穂で増やしたクランベリーの紹介

2014年の9月から育てていたクランベリー(A)を冬の間に枯らしてしまった。そこで、挿し穂していた苗を鉢上げすることにした。

クランベリー(B)

クランベリー(B)

わかりにくいが3株植えている。

クランベリー(C)

クランベリー(C)

こちらも3株ある。

それにしても親株が枯れたのはショックだ。

ブルーベリーのホームベル、アセロラに続き、果樹を枯らしてしまったのは3回目だ。

親株は冬の水切れで枯れたようだ

親株であるクランベリー(A)が枯れたのは、冬の間に水やりしなかったからだと思う。

庭の鉢植えたちは冬の間は水やりをしないのだが、それがいけなかった。

今年の冬からは、ミヤコワスレとクランベリーは冬の間も水やりするようにしよう。

※我が家ではミヤコワスレも冬の間に株が少なくなる

ミヤコワスレは土の表面が完全に乾いたら、クランベリーは少しでも乾いていたら水やりすればよさそうだ。

鉢上げした2鉢はそれぞれ日なたと半日陰で育ててみよう

鉢上げしたクランベリー(B)と(C)だが、それぞれ日なた・半日陰で育ててみよう。

クランベリーは暑さに弱いので、今までは半日陰で育ててきた。それが、一度も花を咲かせていない原因のような気がする。

高温や乾燥に弱いが、日光にはしっかり当てないといけないのかも。

同じ日に鉢上げし、同じスリット鉢の5号鉢に植え付けた。条件は同じだから、日なたと半日陰で成長に どのように差がでるのか楽しみだ。