ブルーベリー デライト(A)とブライトウェル(A)が水切れ

ブルーベリー デライト(A)とブライトウェル(A)が水切れを起こしたようだ。下はデライト(A)の様子だ。

ブルーベリー デライト(A)

ブルーベリー デライト(A)

葉の先端が枯れてしまっている。他の鉢も確認したところ、ブライトウェル(A)も同じように葉の先端が枯れていた。

我が家のブルーベリーたちはやや乾燥気味に育てており、鉢の表土が(面積で)三割から五割ぐらい乾くまで待ってからたっぷりと水をやっている。その代わり、春から秋にかけては月に1度は鉢を30分ほど水に浸けて吸水させている。ピートモスは乾燥すると水を弾くので、普段乾燥気味にしている分、時々は水を完全に吸わせようという目論見である。

ところが、春になったのに水に浸ける作業を忘れている。秋に水に浸けて以来、その作業をしていない。

ブルーベリー デライト(A)

ブルーベリー デライト(A)の鉢の表土

上の写真が問題のデライト(A)の鉢の表土である。今朝の水やりでは表土のごく一部だけが乾いた状態だったので、『この乾き具合なら明日まで待とう』と思い、コイツには水を与えなかったが今日は日差しが強かったため、表土は全て乾いている。

というわけで、緊急で全てのブルーベリーの鉢を水に浸けることにする。

鉢ごと水に浸けられているブルーベリーたち

鉢ごと水に浸けられているブルーベリーたち

水を入れた発泡スチロールの容器に鉢ごと30分間浸ける。