新人のブルーベリー デライト(A)とブライトブルー(A)

新しく仲間入りしたブルーベリー デライト(A)とブライトブルー(A)を紹介しよう。

デライト(A)

昨日、グッデイ宇佐北店で購入したもの。

ブルーベリー デライト(A)

ブルーベリー デライト(A)

以前から欲しかったデライトだが、大分県内のホームセンターをあちこち巡ってようやく出会うことができた。欲しかった理由は、風味に優れるという点だ。

ブルーベリー デライト(A)

ブルーベリー デライト(A)の葉のアップ

店頭には1株しかなく、見ての通り先端の葉が黄色くなっている。しかし、これも勉強だと思い購入した。マグネシウム不足なのか酸度が高くなってしまっているのかわからない。

同じく昨日仲間入りしたブライトブルー(A)

同じくグッデイ宇佐北店で購入したブライトブルー(A)。

ブルーベリー ブライトブルー(A)

ブルーベリー ブライトブルー(A)

家庭栽培におすすめで、ティフブルーと並ぶ評価ながらティフブルーのような裂果が少ないそうだ。それが決め手で購入した。

ブルーベリー ブライトブルー(A)

ブルーベリー ブライトブルー(A)の葉のアップ

見慣れたラビットアイ系の葉である。

– 2015.05.15追記 – デライト(A)の先端の葉先が黄変していた現象のその後

その後、デライト(A)を水切れさせてしまい先端の葉が枯れてしまった。先端を切り詰めたので黄変していた葉はもう存在していない。そのため、肥料不足によって黄変していたかどうかは、もはやわからない。